June 18, 2006

【Firefox2.0−3.0専用】ConQuery改造版2.0.4

昨日のBon Echo Alpha 3 (2006-06-17)から検索機能を使用するための関数の引数が増えたため、うまく機能しなくなっていたので修正しました。
関数の変更で、検索結果を html か xml で取り出せるかを選択できるようです。(あくまで内部関数なので、拡張などからでしか利用できません。)
それからサーチプラグインの設定の保存先が prefs.js から変更されたみたいです。どこに行ったのかは?
そのほかの変更は、ちょうど設定ダイアログを Tree オブジェクトを使って書き直し、サーチプラグインのドラッグ&ドロップ機能を追加していたところだったので、変更としてはこちらが本命です。
ただ見た目には分からないところがひじょ〜に残念・・・。パフォーマンスは向上しているはずです。(こちらもびみょ〜かもですが・・・。)

【Firefox2.0−3.0専用】の変更点(Firefox1.5用からの)

  • サーチプラグインのドラッグ&ドロップでの並べ替え
  • メモリーリークの修正
  • ConQueryの設定ダイアログからも検索バーのサーチプラグインの設定ができると便利なので、検索バーのサーチプラグインの並び替え、表示・非表示設定機能の追加。
    (表示・非表示の設定を追加していますが、サーチエンジンマネージャーと機能は競合しないはずです。また設定の変更もどちらにも即座に反映されると思います。)
  • 若干操作の設定を変更、Conqueryのサーチプラグインのメニュー上で
    ・左クリック ⇒ 選択した語句を検索。
    ・左クリック + Ctrlキー ⇒ 選択した語句に追加入力して検索。
    ・右クリック ⇒ 検索語句を入力して検索。
    状況に応じて使い分けると便利かなと思います。

これはFirefox2.0からの新しいサーチプラグインに対応したものです。
この機能を搭載していないThunderbirdなどでは使えませんが、軽くなってます。

概要については ConQuery改造版についてをごらんください。

対応

Firefox 2.0 - 3.0.*
上記以外はConQuery 改造版 1.6.4.7をお使いください。

Get Firefox!
この記事へのコメント
コメントを書く
※Name:

Email Address:

URL:

※Comments:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。